自転車の鍵を自分で付け替えました!

この間、自転車を修理してもらってからは毎日?快適に乗れるようになりました!自転車屋さんで空気を入れてもらってから全然タイヤの空気が抜けなくて、私自身が空気を入れた事はありません。がっ、修理してもらった自転車、買った当初からカギがユルユルで買い物に行った先でもうまくカギができなかった事も。なので、この自転車を買うまで乗ってたおかんの自転車のカギと自分で付け替えました!

自転車の鍵もピンきり?

この鍵が、私が乗ってた自転車についてた自転車の鍵です。

今は、どの自転車の鍵も、このカタチになってますね。後輪の荷台の下につけるタイプで、レバーを下げるとなんか出てきて輪っかになって車輪を動けなくする鍵ですね。でも、私の自転車、買った当初からグラグラで、しっかりと固定はされてたんですけど、出てくる棒がグラグラで、スパッ!と穴に入らない事が多くて、駐輪場で手で穴に入れる事もしばしば。なんか恥ずかしかったんですけど、今回、おかんの乗ってた自転車の鍵と付け替えました。

で、分かった事は、私の自転車についてた鍵と、おかんの自転車についてた鍵、メーカーもサイズもほぼ同じなのに、ぜんっぜん重さが違うんですよ!おかんの自転車についてた鍵は重かったんですけど、重いからいいというものではないですが、おかんの自転車の鍵は、出てくる棒がズレることなく穴に入るので、自分の自転車に取り付け、クレ556吹きかけて終了!

これで、私の自転車、完璧になりました!?