柴田さん腹巻きを初めてお洗濯しました。

2020年5月6日

ちょっと前に、柴田理恵さんが「やすとものキメツケ」で、紹介してた“柴田さん腹巻き”。私も買いましたが、昨日、初めてお洗濯しました。

柴田さん腹巻きを初めてお洗濯

別に汚れてはいませんでしたが、ちょっとくたびれた感が出てきたので洗濯しました。また、洗い替えがなく、1枚しか持っていないので、なかなかお洗濯できなかったんですけど、やっとお洗濯できました。

ジャーン!キレイになった柴田さん腹巻き!

ちょっと毛玉っぽいものもできてきました。がっ、毎日欠かせない腹巻きになりました。

つけてる時は「ポカポカ」という感覚はないですが、朝脱ぐと、スースーして、脱いじゃうと寒いとまではいいませんが、ちゃーんと、お腹を温めてくれてたんだなぁ・・・・って思います。

改めて、買って良かったなぁ・・・を実感してます。おすすめです。
でもやっぱり買った当初の物と比べたら、かなり伸びてますね^^;。
でも、お洗濯して伸びたんじゃないです。あくまでも、私の腹の力で伸びました^^;。

オキシクリーンでオキシ漬

今回のお洗濯方法は、まず、柴田さん腹巻きをオキシ漬にしました。オキシ漬にするほど汚れてはいなかったんですけどやってみました。

最近は、バケツにオキシクリーンを入れて、バケツの底から2~3センチ水を入れて、それから湯沸かしポットで沸かしたお湯を入れてます。オキシクリーンを溶かすのに、熱湯に近いお湯を入れるとよけいに良くないかな?と思って先にお水を入れてます。

かと言って、お水だけではオキシクリーンは溶けないのがちょっと面倒ですね。

こうやって、湯沸かしポットのお湯を入れるようになってからは、時間が経つと泡がボワ~っと立ってきて

ワタシ
ワタシ
これでオキシクリーンの効果でるのかぁ

って思ってます。

これまでも、オキシ漬をする時は、湯沸かし器の比較的熱いお湯を使ってたんですけど、ここまで泡がボワ~ってならなかったです。温度が低かったんでしょうね。
でも、湯沸かしポットの熱いお湯を入れたら泡がボワ~っとなりました。

腹巻きのお洗濯は、オキシ漬の液ごと洗濯機に入れて、アリエールの粉末を入れて、他の洗濯物と一緒に“手洗いコース”で洗いました。洗ってからは、ダニよけ効果のある柔軟仕上げ剤のレノアで仕上げてます。

で、↑のような洗い上がりになりました。

昔、うちの母が若い頃、お父ちゃんの紫のラメ入り腹巻きを、どう洗ったのか知りませんが、元の腹巻きの半分以下のサイズにまでしてしまって、お父ちゃんのお腹に入らなかった事があり、お父ちゃんがカンカンに怒った事がありましたが、今回は、伸びる事もなく、縮むこともなく、キレイに洗濯できました。

ホントは洗い替えにもう一枚欲しいところですね。