生霊対策に!お塩のお守りの作り方!

私も霊障で悩みましたが、生霊はついていないようです。でも、最近、生霊に憑かれて悩んでる人、また、憑かれてるのが分からなくて、体や心の調子が何か変?おかしいと感じる人。増えていますよね。そんな方に、お塩のお守りを作ってみませんか?簡単なので、ぜひ作ってお守りのように持ってるといいですよ~。

お塩のお守りの作り方

お塩の浄化作用はよく知られていて、普段からお塩を持ち歩いている方も多いと思います。そのお守り代わりに持ってるお塩をパワーアップさせたのが、今回お教えするお塩のお守り『持ち塩』です。

私は、「持ち塩」という言葉は知りませんでしたが、スピ系youtuberのブッダかずひささんが動画の中で作り方を教えてくれているものです。さらに、ブッダさんの持ち塩の作り方にパワーアップさせたのが、下ヨシ子先生がおっしゃった事をプラスした今回の持ち塩です。

《材 料》

  • お塩(粗塩)
  • 日本酒
  • パウチの袋

ポイント

  • お塩は精製されていない海水で作った粗塩を使って下さい。
  • 日本酒はおそらくなんでもいいと思います。
  • パウチの袋も、100均で売ってるのが簡単で手っ取り早いのでいいのですが、なければ普通のラップやナイロン袋でもいいと思います。
  • また、それぞれの量は大体でけっこうです。お好きな量でいいです。

《作り方》

    1. お皿などに塩を入れて、そこに少しの量のお酒を加えて混ぜます。
    2. よく混ざったら、パウチの袋に入れる。
    3. パウチの袋にお塩をいれたらどちらかの手のひらにお塩を置き、手印を作って次のご真言を3回唱える。「オン アミリティ ウン ハッタ」

手印を組んで、ご真言をお唱えするところは、ブッダさんの動画をご覧下さい。

私は、パウチの袋のまま持っていますが、氣になる方は、ブッダさんのパートナーさんのように、お守り袋のような袋や巾着などに入れても良いかと思います。

持ち塩の効力は?処分の方法は?

作った持ち塩はどれくらい効力を発揮するのか?

これも、特に決まっていないようですが、ブッダさん曰く

「塩の色が変わってきたら変え時」

との事でした。作りたてのお塩はピカピカ!って感じがしますが、持ち歩いて何日か経つと、

ワタシ
ワタシ
ちょっとお塩が疲れてるかな?

みたいな感じがあります。その時が変え時だそうです。

■お塩の処分方法は?
お塩の処分方法としては、ブッダさん曰く

「玄関など、氣になるところへ撒いて下さい。」

っておっしゃっていました。なので私も外の玄関周りに撒いています。

生霊だけじゃなく、お買い物に行く時に、いつも通る道で、「何か氣持ちが悪い」というところがある方もいらっしゃると思います。
事故現場とかですね。そういう時にも持ち塩を持ってるといいそうですよ。

何か、そういう事で氣になる方は作ってみらたらいかがでしょうか。
ちなみに、下ヨシ子先生は、

「お塩にお酒を少し入れると良い」とおっしゃってたので、今回、お酒を少し加えて混ぜてみました。