バナナのおすすめの保存方法!

2020年8月11日

最近、どのスーパーへ行っても、『訳あり・見切り品・おつとめ品』というカテゴリの中で、バナナが大量に売られています。

スーパーだけじゃなく、ドラッグストアでもです。私も毎日飲むスムージーに入れるので安売りされてるときは買ってくるんですが、今の時期、部屋に置いててもすぐ熟れてしまうバナナ。冷蔵庫へ入れたら黒くなっちゃうし。そこで、黒くならないおすすめの保存方法をご紹介します。

追熟しちゃうバナナの追熟を止める方法

バナナにもよりますが、スーパーで打ってるバナナってだいたい平均で4本くらいで売ってませんか?また、追熟具合もそれぞれ違うので一概に言えないのですが、買ってきて、暫くおいておくと真っ黒!

もちろん、食べられなくはないですが、熟しすぎるともトロトロ!扱いにくいです。また、虫が寄ってきたりも。バナナの追熟を止める方法で一般的な方法は、

バナナの軸?にテープを巻く!

デス。

バナナの軸っていうのか、つながってるところですね。赤で囲ったところにテープなどを貼ると、バナナの追熟が止まると言われています。

それでも、部屋に置いておいて黒くなりすぎるので、それを防ぐおすすめの保存方法が、

皮を剥いてタッパーに入れて保存する

これ、意外とやってない人多いです。皆さん、「皮を剥いて冷凍庫へ保存」という方が多いんですが、それでもいいんですけど、固くて、いざ、使うとなると使いにくかったりします。

かと言って、皮をつけたまま冷蔵庫へ入れると、南国の果物ですぐに黒くなるとも言われています。

ですが、皮を剥いて、タッパーに入れると意外や意外!4~5日くらいなら黒くならずに、買ってきた時くらいのバナナの状態が保たれます。


↑で、4~5日くらいです。画像の感じ方で黒く見えますが、実際はもっと白いです。そして、硬いです。やわらかくなっていないです。

凍ってないから使いやすい!

凍らせたバナナをスムージーに入れると、アイスみたいになって美味しくなることはあります。でも、まれに、バナナが硬く固まり過ぎて、ミキサーの刃がかけたりと、危ない事もあります。

でも、皮を剥いてタッパーに入れる方法だと、凍ってないので扱いやすく、スムージーへ入れる時もそうですが、パンケーキのトッピングなどにも切れやすく使いやすいです。

なので、バナナを保存する時は皮を剥いてタッパーに入れて保存。おすすめですよ。

バナナのおすすめ保存方法のポイント!

今の時期、買ってきてもお部屋においておくとスグに黒くなっちゃうバナナの保存方法のポイントです。

  • バナナの追熟を防ぐには、バナナの軸部分にテープを巻いておく!
  • 皮を剥いて、冷凍室で保存する!
  • 皮を剥いてタッパーに入れて冷蔵室で保存する!